番組審議

第105回番組審議会議事録
開催日時 平成30年5月25日(金)11時~
開催場所 東京都江戸川区南小岩7-13-6 キィノート池田ビル4階会議室
委員の出席 審議委員6名中 出席6名 放送事業者側2名 合計8名
出席委員 大山芳男(委員長)、似鳥幸枝、醍醐沙代子、深江一之、實方健、金子泰範
欠席委員 なし
放送事業者側 池田正孝、松井直子
議題:番組の審議
審議内容
(抜粋)

『季節は彩りの中で』月曜日より「魚清」

・主人が江戸弁らしく、落語を聞いているかのような言葉遣いを楽しんだ。
・日本の食文化や時代背景の変化にまで話題が広がり、とても興味深く聞いた。現代では忘れがちな食べ物の風情・雰囲気をよく伝えていたと思う。
・地元の商店街と絡めて情報番組を放送する意義は、コミュニティラジオ局としてとても大きい。
・“初鰹”“戻り鰹”など季節感があるトピックを知ることのできる、良い情報番組であったと思う。

 

『ディスコ天国』

・「ダンシング・クイーン」や「ジンギスカン」などの曲を聞いて懐かしいと思う世代が、1時間ウキウキできるような番組である。
・70年代後半から80年代の曲をどれも懐かしく聞いたが、曲名が知りたかった。
・音楽だけを聞き流すこのような番組は、ラジオの特権だと思う。
・昔の音楽喫茶のように、作業する際のBGMとして非常に適している。

『朝のしあわせオレンジ』より「動物は、みんな友だち!」

・江戸川区自然動物園の住所やアクセス方法などを詳しく説明しており、とても分かりやすかった。
・フンボルトペンギンの詳しい生態を知ることが出来た。
・パーソナリティの表現が独特で面白いが、言葉遣いが気になった。
・番組全体の雰囲気を大人向けに工夫して、かつ今の面白さを活かすことができれば良いのでないか。

議事の概要 今回は、放送番組の録音をあらかじめ各委員に配布。
聴いて頂いたことを前提として、感想意見を各委員に求めた。
FMえどがわの放送内容について、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。
今後の番組制作の重要な資料とさせていただきます。