番組審議

第110回番組審議会議事録
開催日時 令和元年6月3日(月)午前11時~
開催場所 東京都江戸川区南小岩7-13-6 キィノート池田ビル4階会議室
委員の出席 審議委員6名中 出席4名 放送事業者側2名 合計6名
出席委員 實方健(委員長代理)、似鳥幸枝、金子泰範、醍醐沙代子
欠席委員 大山芳男、深江一之
放送事業者側 池田正孝、岩崎康宏
議題:番組の審議
審議内容
(抜粋)

『『夕暮れ恋時間〜茜色に染められて〜』より「昭和平成かおりの玉手箱」

・友達同士のような気楽さを感じられる話し方だった。
・資料をただ羅列するだけで、中身が浅いように感じた。
・特集した「1975年(昭和50年)」のヒット曲
「昭和枯れすすき」を3番まで流しており、とても長く感じた。
・途中パーソナリティーが個人的な疑問を提示するが、
その理由を事前に調べて自分なりの答えを提示して欲しかった。

 

『夕暮れ恋時間〜ほんのり貴方と〜』より「子育て応援団!」

・話の軸を一本に絞り、ゲストの聞き取りづらい話を上手にまとめていた。
・最後に“子ども未来館“の場所やイベント情報など、もう少し詳しい情報を教えて欲しかった。
・コンニャクの花の説明がとても上手く、また表現が「草間彌生さんの作品のように」
「腐ったバナナのような」など具体的で、分かりやすく想像しやすかった。
・全体的に軽妙なやりとりを心地良く聴くことが出来た。

『夕暮れ恋時間〜素敵に輝いて〜』より「RIKAのワンポイント英語」

・流暢な英語を聞きレベルの高さに驚いた。
・日常的に会話をする上で、どこまで細かい点に注意する必要があるのか疑問に思った。
・来年にオリンピックを控え今の時代にあったプログラムだと思ったが、作り方が難しいと感じた。
・リスナーの語学力が様々な中、対象レベルをしっかりと設定するべきだと思う。

議事の概要 今回は、放送番組の録音をあらかじめ各委員に配布。
聴いて頂いたことを前提として、感想意見を各委員に求めた。
FMえどがわの放送内容について、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。
今後の番組制作の重要な資料とさせていただきます。