番組審議

第96回番組審議会議事録
開催日時 平成28年11月25日(月)11時~
開催場所 東京都江戸川区南小岩7-13-6 キィノート池田ビル4階会議室
委員の出席 審議委員7名中 出席5名 放送事業者側2名 合計7名
出席委員 大山芳男(委員長)、實方健、深江一之、醍醐沙代子、金子泰範
欠席委員 東崎匤、似鳥幸枝
放送事業者側 池田正孝、松井直子
議題:番組の審議
審議内容
(抜粋)

『あしたへ・・・笑顔りんりん』火曜日より「ことば探検隊」

・「させて頂きます」症候群の話に深く同意した。日本語の過剰表現を否定する、いい番組である。
・「ことば探検隊」という投げかけはいいが、自分たちの発言も含めて日々注意して欲しい。
・言葉のプロであるパーソナリティーが、現代の言葉についての問題を、鋭く穏やかに問いかけている。
・テレビでも同様の番組があり、問題提起されて、はっと気づくことがある。

『季節は彩りの中で』月曜日より「えどがわ大好き!”僕も私も健康になろう”」のコーナー

・がんの出前教室について、どんな授業内容だったか詳しく知りたかった。
・子どもたちや回答者が原稿を読んでいるようで、自分の言葉で話している感じがなかった。
・江戸川区の方針がよく伝わったので、宣伝効果はあると思う。
・小学生にがんの教室をする、という試みが意外で、違和感があった。

『ジャズバー・アフタービート』

・昔のジャズバーを思い出させる、懐かしく癒される番組だった。
・一人語りをしている中で、登場人物の区別がわかりづらかったのが残念だった。
・ワインの知識がないとわからないような会話もあり、もっとわかりやすく、膨らませたやり取りが欲しかった。
・今まで知らなかった、ジャズへの興味がそそられた。

議事の概要 今回は、放送番組の録音をあらかじめ各委員に配布。
聴いて頂いたことを前提として、感想意見を各委員に求めた。
FMえどがわの放送内容について、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。
今後の番組制作の重要な資料とさせていただきます。