番組審議

第96回番組審議会議事録
開催日時 平成29年3月24日(金)11時~
開催場所 東京都江戸川区南小岩7-13-6 キィノート池田ビル4階会議室
委員の出席 審議委員6名中 出席5名 放送事業者側2名 合計7名
出席委員 大山芳男(委員長)、實方健、深江一之、醍醐沙代子、金子泰範
欠席委員 似鳥幸枝
放送事業者側 池田正孝、松井直子
議題:番組の審議
審議内容
(抜粋)

『星からのラブレター』

・全体的に聞き流してしまった。台本の言葉の選び方や、読み方に原因があるのではないか。
・人に心を伝えようとするコンセプトや、オープニング・エンディングの言葉に共感した。
・題名と放送内容とが合っていないように感じた。
・プラネタリウムの中で星を見ているような、聞き手が和める雰囲気の番組であった。

『あしたへ・・・笑顔りんりん』月曜日より「エコライフ入門」

・流行りのカーシェアリングの話題が興味深かった。ベテランのパーソナリティが上手くまとめてはいたが、
現場の事業者や利用者の話しも聴きたかった。
・どの層のリスナーに向けて発信しているのか疑問に思った。あやふやに紹介している話題もあり、
発信者の姿勢として、事前に調べて聞き手に丁寧に伝えるべきである。
・レンタルとシェアの違いが分からなかったので、もっと説明が欲しかった。
・現代の車社会のあり方がわかり、興味深かった。

『季節は彩りの中で』火曜日より「小松菜日記」

・身近な情報であり、区としても発信したい内容である。
・去年聴いたものよりも、話し方が改善されていた。
・特産品の丁寧な紹介を、自然な親しみを持って聴くことができた。
・イベントのイメージがわかなかった。小松菜関連商品の具体的な名前や内容を、もっと紹介してもよかった。

『季節は彩りの中で』月曜日より「ふるさと印・鶴岡」

・パーソナリティの高橋の話し方が、非常に聴きやすかった。
・鶴岡市職員の方に、もっと自然に話して欲しい。素人感が出てしまい、聴きにくいように思う。
・学童疎開の内容にも触れられればより良いと思う。電話の声の音量が不安定で、聴きづらい部分があった。

議事の概要 今回は、放送番組の録音をあらかじめ各委員に配布。
聴いて頂いたことを前提として、感想意見を各委員に求めた。
FMえどがわの放送内容について、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。
今後の番組制作の重要な資料とさせていただきます。